<< まっしぐま | main | コ マ >>
極虎一過
0

    JUGEMテーマ:ゲーム

     

    さて、重い腰を上げますか。

     

    極白虎

    この先何をするにも極白虎のIL355武器を取得しておくべきだろうと。

    今の極は10勝すれば交換してもらえますしね。

     

    ざっくり予習してRFに飛び込みます。
     

    基本的な流れはノーマルと同じだけども、ダメージが上がってたり一部のAoE予兆が見えなくなってたり。

    DPSチェックとして、白虎本体から分離したトラのHPを削るギミックが用意されていて、削った量とその後にくる全体ダメージが反比例する感じなんですね。

    トラと本体のHPとは多分独立しているので、片方を削っても他方は減らないはず。

    クリアするには本体を削らなくてはいけないけど、トラを放置すれば直後の全体攻撃が痛い。というか壊滅。

    トラを削ればクリアに直結はしないけども先に進める。

    なんというせめぎあい。しかもこの場面が前後半1回ずつ、計2回あるという。

    まあ壊滅したら意味がないので、トラに全力をぶつけるのが最適解でしょうね。今じゃ!パワーをトラに!いいですとも!

     

    極白虎クリア

    無事にクリア。

    勝手にすさまじい難易度を想定して戦々恐々としていたけども、実際にやってみればそこまでのレベルではなかった。

    初回から、決して手も足も出ないとかではなく、こうすればよさそう、ここに気を付ければいけるというような感覚がありますね。

    さすがに初回でクリアはできませんでしたが、3〜4回ほどの挑戦で突破できました。

    さて周回周回。

     

    しかし。

    実装からあまり時間が経っていなかったせいもあるのか、コンコンRFなのに異様に勝てない。

    日を改めたら勝率は上がりましたが敗退もあり一進一退な感じで8勝まできたぞ。何回負けたかは数えていない・・・。

    ただ、DPS特有のシャキ待ちが長いので敗退はキビシー。

     

    実は2回目のDPSチェック後の全体ダメージをタンクLBで軽減する戦術が見つかり、これに沿うとトラを削るはずの時間も本体を削るために充てることができて難易度がぐっと下がります。

    開発陣の後日談によると想定外の戦術らしいです。

     

    ただ、ジョブが8人とも違う場合にのみ全体ダメージのタイミングまでにリミットゲージが3になり成り立つのですが、ジョブかぶりがあるとゲージが3まで到達せず、タンクLBのみでは軽減しきれず中途半端な感じになります。

    もちろんゲージ3なくても、トラをある程度削る+タンクLBとか、DPSがトラにLBを当てるとか工夫すれば十分クリアできます。

    こう書くとやむを得ない手法のようですがDPSのLBが正攻法ですよね

     

    どうだろうか?DPSとしては正攻法でカッコよく薙ぎ払い続けて10勝に到達するのが美しい形でなないか?

    ふふん、そうだな。DPSの端くれとしてダメージで結果を出す。いいじゃないか。

     

     

    そしてジョブかぶりなしPTのタンクLBでさくっと2勝して10勝到達しました。

    ややっ、違うんですよ。早く武器を手に入れてイキりたいからとかそういうんじゃなくて、新たな世界への挑戦権を手に入れるためには仕方なくですね、どうせなら楽したいじゃないですかーヤダー(あふれる本音)

     

    白虎弓

    もちろん白虎琵琶弓と交換。

    久々に弦楽器のようなデザインになってます。名前通り琵琶的な感じですかねー。

    といっても奏でる時は今まで通りどこからか取り出す謎の小ハープですが。

     

    ちなみに犬にいたってはドロップすら見ませんでしたヨ。

    むしろ佩楯をドロップする幻覚を見た。

     

    カテゴリ:FF | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://nagarelog.detest.biz/trackback/1177256
    トラックバック